病院案内

院長挨拶

ごあいさつ

医療法人鶯友会 牧病院
院長 牧 徳彦

ホームページリニューアルにあたり、ご挨拶申し上げます。
昨今のストレス社会の中で、少しでも「こころの疲れ」を癒すことのできる病院環境整備を目指して、当病院は平成22年11月にリニューアルオープンを行いました。これもひとえに地域の皆様、利用者の皆様、関係各位の方々の御支援の賜物であると、心から厚くお礼申し上げます。
ここ五明は、松山市の北東部に位置し、道後温泉街からは車で15分ほど山間部に入ったところになります。鶯友会(おうゆうかい)という法人名にありますように、鶯のさえずりが聞こえてくる自然環境に恵まれた土地柄です。入院患者さまには、ゆったりとした気持ちで療養に専念して頂けると考えております。一方で、道路整備も進み、松山中心部からも比較的短時間でおいで頂けるようになりました。
近年、不眠症やうつ病、社交性不安障害などのストレス性疾患が急増しており、ストレスケアヘの社会的関心は、ますます高まっています。家庭や学校、職場など生活の身近な場面において、メンタルヘルスヘの取り組みは重要性を増しています。特に、国は企業に「新メンタルヘルス指針」を示し、ストレスケアに重点を置くように指導しています。当院では、産業医資格を有する常勤医師を充実させ、企業とも積極的に連携しております。また、産業カウンセラー協会などと提携して、いわゆるEAP(Employee Assistance Program従業員支援プログラム)活動も支援しております。
また、超高齢社会を迎えた我が国において、認知症を始めとする老年期の精神疾患への対応も重要です。今回、認知症に対応可能な病棟を新設するとともに、日本老年精神医学会や日本認知症学会の認定専門医を配置して、高齢者の患者様方にも安心して頂けますよう努めております。

看護師、薬剤師、精神保健福祉士、臨床心理士、作業療法士、管理栄養士などの多職種と協同して、多岐に亘る精神疾患に対応するべく努めて参ります。研修医の臨床研修のほか、多くの職種で、実習生を受け入れております。実習や研修を通じて、当院職員含めて互いのレベルアップに繋げて行こうと考えております。「安心と安全の医療を提供する」という病院理念を掲げ、これまで以上に地域に貢献できる・信頼される病院を、職員一同目指して真摯に精神医療に取り組む所存です。職員一人一人が、専門性を活かして、「こころを癒す」療養のお手伝いをさせて頂きたいと考えております。どうぞ今後とも一層の御指導、御支援を賜りますようお願い申し上げます。

資格

医学博士
精神保健指定医
日本老年精神医学会専門医・指導医
日本認知症学会専門医・指導医
認知症サポート医
日本精神神経学会専門医・指導医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
愛媛大学教育協力者
介護支援専門員
愛媛県産業保健総合支援センター相談員
日本精神科病院協会指導医

経 歴

平成5年 香川医科大学医学部卒業
愛媛大学大学院医学系研究科博士課程修了
愛媛大学医学部神経精神医学講座 文部教官(助手)

所属学会

日本老年精神医学会 評議員
日本神経心理学会 評議員
日本高次脳機能障害学会 評議員
日本神経精神医学会 評議員
日本精神神経学会
日本社会精神医学会

理 念

病院理念

患者様、ご家族の皆様方に信頼していただける病院を目指します。

「安心と安全」な医療を提供できるように努め、真摯に精神医療に取り組みます。

基本方針
  1. 患者様の基本的人権を尊重し、皆様に安心していただける療養環境と医療を提供します。
  2. 専門職としての自覚を持ち、全人的な医療を実現できるチーム医療を目指します。
  3. 最善の医療を提供できるように、常に自己研鑽に努めます。
  4. 地域の皆様方に親しまれる明るい病院を目指します。
  5. 病院スタッフが自信と誇りを持って働ける病院を目指します。
看護部の理念

患者様、ご家族の皆様方により添い、思いやりのある温かい看護を提供します。

基本方針
  1. こころのこもった看護を提供します。
  2. 患者様とのラ・ポール(信頼関係)の構築に努めます。
  3. 安心と安全を心がけ、その人らしい生活ができるよう支援します。
  4. 患者様、スタッフともに明るい病院づくりを目指します。
  5. 地域の皆様方に親しまれ、地域とともに歩める看護を目指します。

医師紹介

副院長
宇都宮 克也
精神科一般診療に加え、双極性障害や抑うつ障害、 アルコール関連障害、統合失調症の専門医療に力を入れております。
また院長の指導のもと、 認知症やメンタルヘルス分野にも取り組んでいます。
患者様個別の病状に対して、 多職種が連携して迅速かつ丁寧な治療ができるように心がけていきたいと存じます。
よろしくお願い申し上げます。
経歴
昭和62年 鳥取大学医学部卒業
平成 3年 鳥取大学大学院医学系研究科博士課程終了
島根県立こころの医療センター、隠岐病院精神科、 くじら病院、
八幡浜医師会立双岩病院を経て平成2 7年より牧病院に勤務
資格
医学博士
精神保健指定医
日本精神神経学会専門医
日本精神神経学会指導医
日本医師会認定産業医
得居 靖正
愛知県で1年、愛媛県で6年、広島県で6年ほど診療に従事させていただき、平成28年10月より、再び愛媛県に戻り牧病院で診療をさせていただいております。 以前、愛媛県の6年間と広島県の前半3年間は、精神科領域全般の診療をしておりましたが、牧病院に赴任する直前の広島県の後半の3年間ほどは、広島市内の睡眠障害専門のクリニックで診療しておりました。
睡眠障害専門のクリニックでは、主にナルコレプシー、特発性過眠症、レストレスレッグス症候群、周期性四肢運動障害、睡眠覚醒リズム障害、睡眠時無呼吸症候群などを中心に診療しておりました。
牧病院に、ご縁があり、再び精神科全般の診療に携わることになり、現在は病棟業務を中心に入院患者様の対応をさせていただいております。
患者様には、良くなって欲しいからこそ、時に厳しい事も言いますが、できるだけ丁寧な診察をと考えて診療をしております。
経歴
平成14年 藤田保健衛生大学医学部卒業
資格
精神保健指定医
日本精神神経学会専門医・指導医
日本睡眠学会 睡眠医療認定医
宮川 眞一
宇和島市出身。NGO職員としてバングラデシュで働いておりましたが、 帰国後帰省し、 2017年4月より当院での勤務となりました。
すべてが複雑化する現代だからこそ、 特に精神科・心療内科領域の診療には、 Engel が主張するBio-Phycho-Social (生物· 心理.社会的)な視点が重要だと考えています。 しかし、 昨今では、 これに加え eco-ethical-existential (環境 ·倫理 ·実存的)な視点も、 欠かせないものになってきているようです。
医師 ·看護師· 薬剤師 ·臨床心理士 ·PSW (精神保健福祉士) ·栄養士の密なる連携をもとに、 個人個人の物語に沿った (NarrativeBased) 全人的な診療を提供できますよう心がけたいと思っており ます。 どうぞよろしくお願いいたします。
経歴
徳島大学医学部卒業
資格
日本心身医学会 心身医学「内科」専門医
日本プライマリ・ケア学会 認定医
日本医師会認定産業医
山本  淳子
平成29年4月より、 当院に勤務となりました。 皆様のお役に立てるよう丁寧な診察を心がけていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
経歴
平成24年  宮崎大学医学部卒業

病院概要

診療科目
精神科・心療内科・内科
許可病床数
182床
看護配置
15対1(加算なし)
看護補助加算
10対1
臨床研修指定病院
日本老年精神医学会専門医制度認定施設
日本認知症学会専門医制度認定教育施設
社)日本精神神経学会精神科専門医制度認定研修施設

沿 革

昭和49年12月 2日
牧病院開設許可
昭和50年 1月 6日
牧病院開院 106床 開設者 牧三郎
昭和51年 9月 1日
30床増床(許可病床136床)
昭和54年11月 1日
医療法人鶯友会牧病院に変更
平成 5年 3月 1日
50床増床(許可病床186床)
平成12年 8月 1日
訪問看護室設立
平成16年 1月 1日
管理者変更 院長 牧徳彦
平成16年12月 1日
作業療法開始
平成17年11月 1日
精神科デイケア開始(小規模)
平成18年 4月 1日
許可病床変更182床
平成19年 8月 1日
精神科ショートケア開始(小規模)
平成22年 7月 1日
精神療養病床届出(50床)
平成22年11月 3日
リニューアルオープン
平成23年 8月 1日
理事長 牧徳彦 就任

関連リンク